​ONLINE 

 - 2020 - 

FUJIMOCK   FES

【FUJIMOCK FES  : フジモックフェス】

富士山(FUJI)の間伐材で、アイデアをかたちに(MOCK-UP)するフェスティバル(FES)

 

目的:テクノロジーを用いて、森と生活の新しい関係をつくる

フジモックフェスでは、富士山麓の森に分け入り、木こり直伝で木材調達、乾燥プロセス、ファブラボ鎌倉でのものづくりの3部構成で進めてきました。宿泊を伴うこれまでのセッション実施は、今年は困難だと考え、オンラインでの開催となりました。リアルな体験には及ばないとしても、これまで参加できなかった方々と出会える、新たな機会になることを楽しみにしております。

オンラインセッション

ONLINE SESSION

オンラインセッションでは、これまで同様に全体の進行をファブラボ鎌倉が行いつつ、ホールアース自然学校の森のガイド、木こりの前田さんには木の見極め方、樹木医かつ木こり&フォレスターのレーチェルさんに森の管理の話をしていただきます。参加者には、事前に富士山麓の森で切り出した丸太の輪切(希望者のみ)を送り、檜の香りとともにセッションを行う予定です。一泊二日のセッションを2.5時間にギュギュッと凝縮してお届けします。

​開催概要

開催日:2020年12月13日(日)

時間:10:00-12:30

接続方法:Zoom

​タイムテーブル

10:00 - 10:15  導入:フジモック でチャレンジしていること / ファブラボ鎌倉

10:15 - 10:30  森の見方 : ホールアースによる森へのガイド / ホールアース 自然学校

10:30 - 11:00  木こりの仕事:木こりの前田さんによる間伐映像と語り / 木の見極め方  

11:00 - 11:30  森の管理について:レーチェルによる管理の話 (良い森・そうでない森) 

11:30 - 12:00  オープンプロセス&デザイン / ファブラボ鎌倉

12:00 - 12:30  これから : 森と暮らしの研究員

​※当日の状況により内容を変更する場合があります。予めご了承ください。

SPEAKERS

Fablab Kamakura

ファブラボ鎌倉  代表

渡辺 ゆうか

​神奈川県出身。多摩美術⼤学環境デザイン学科卒業後、都市計画、デザ イン事務所を経て、2010年ファブラボジャパンに参加。2011年5⽉東アジア初のファブラボのひとつである、ファブラボ鎌倉を⽥中浩也と共同設⽴し、2012年より代表を務める。地域と世界を結び、21世紀型の創造的学習環境構築に向けて、世代や領域を横断した活動を展開している。

伝えたいこと

いきなり生活様式を変えるのは難しいとしても、生活の中に森を感じられるアイテムがあるだけで心が穏やかになります。森で切り出された丸太の輪切をきっかけに、森を知る旅に一緒に出てみませんか。

Nature Guide

ホールアース 自然学校  代表

​山崎 宏

静岡県三島市出身。子どもの頃から伊豆・箱根・富士山の大自然を遊び場にして過ごす。学生時代より一貫して、環境教育・エコツアー・里山保全分野に関わり続けている。ホールアース自然学校では、富士山麓での自然ガイドをベースに、企業の環境活動支援や、行政と連携した森林関連事業などを担っている。趣味は、バードウォッチングで、好きな鳥はフクロウ。

 

​伝えたいこと

木こりさんのセッションに入る前に、日本の森の特徴や抱えている課題について、短い時間で簡単にお伝えします。木の話だけでなく、森で暮らす動物の話題にも触れたいと思います。

Kikori

Kicoroの森  代表

前田 剛志

千葉県出身。天竜の山で林業に従事するか たわら、これから先100年を見据えた新しい森づくりをする森のデザイナー。 海外での放浪生活を経て改めて日本の自然の素晴らしさに気づき、それを守りたいとの思いから林業を志す。16年前、縁もゆかりも無い天竜へ。学校での出前講座をはじめ、林野庁の木育プロジェクトや県内外を問わず森のことを伝えるさまざまな活動を展開している。 TEDxHamamatsu2015スピーカー

伝えたいこと

オンラインでもオフラインでも伝えたい山の「いま」は変わりません。 離れているみなさんにも今までと変わらず同じようにきこりの事、森の事を伝えましす!

Kikori / Forester

森ラボ  代表

鈴木 礼

静岡県三島市出身。大学で林学を学び、初めて林業の現場見学した時カッコ良さに心を奪われ、卒業後は林業の世界へ。天竜できこり作業、森林の管理計画作成、森林環境教育等に携わり、2014年に地元・三島で(株)森ラボを設立。森林管理や森林・樹木調査を中心に事業を展開している。主な資格は森林総合監理士(フォレスター)、樹木医、林業技士、森林インストラクター等。

伝えたいこと

木を伐る。木を植える。対極なことのようで、実はどちらも森を育てるために必要なことなのです。計画的に伐った木を使うことは、森を壊すことにはなりません。そんな森の管理をしているお話をします。

​SUPPORTERS

テクニカルサポート : 望月 野乃花

ファブラボ鎌倉メンバー

「山のこと、森のこと、木のこと、木こりのこと少しでも参加者の皆さんに、身近に思える時間にしたいと思っています。当日オンラインですが、お会いできるのを楽しみにしています」

​開催サポート : 松尾 章史

ホールアース自然学校スタッフ

「富士山の麓の森を整備するために切り出す木材を丸太にして、みなさんにフレッシュな状態でお届けできるよう頑張ります! 」

富士山麓の森産直丸太輪切

From Mt.Fuji

五感で感じることを大事にしているフジモックフェス 。オンラインでも、切り出したばかりの檜ならではの香り、間伐したての木材に含まれる水分の重さを届け、セッションを行います。ホールアース 自然学校が管理する森で間伐された木材を切り出したままでお届けします。数量に限りがあるため、ご希望の方は早めにお申込みください。

樹種:檜 (ヒノキ)

間伐場所:静岡県富士宮市

丸太直径 12-15cm 程度

丸太厚み 2-3cm 程度

特徴

- 一つとして同じものはありません

- 切り出した際の跡が残っています

- 水分を多く含んでいます

​- 乾燥の進行によってはヒビが入っている場合もあります

- とても良い檜の香りがします

申込方法 : 申込の際に丸太輪切希望を選択ください

お届け方法:レターパック

※セッション直前に切り立ての丸太輪切を発送予定

 

【 FUJIMOCK FES ONLINE 2020 実施概要 / お申し込み】

◎開催概要

開催日:2020年12月13日(日) 

時間:10:00 - 12:30 

​接続方法:Zoom  ※申込後、日程が近くなりましたら登録されたメールアドレスにリンクをお知らせいたします

​参加費

セッション参加+富士山麓の森産直丸太:3,300円(税込/送料込) ※直前に切り立てを送付いたします。

セッション参加のみ:1,650円(税込)

 
 
  • Facebookのクリーングレー

フジモックフェスは、ホールアース研究所 x FabLab Kamakura x 木こりの皆さん、そして参加者とともに、

森と生活をつなげるプロジェクトです。

© FUJIMOCK FES COMMITTEE